モデルルート

レンタサイクル情報

レンタサイクル

ボランティアガイド

観光ボランティアガイド予約
カテゴリ
50件ありました
表示件数 10件20件50件

うどん県のソウルフード、讃岐うどん。一説には、平安初期、空海が唐からうどんを伝えた、とも…。このコースでは、空海ゆかりの善通寺をはじめ、うどんにまつわるイベントやスポットをめぐり、うどん打ち体験にもチャレンジ! まさに「うどん県」を体感する日帰りプランです。


冬でも温暖で好天に恵まれる香川県。高松空港からアクセスが便利なゴルフ場でプレーをしませんか。宿泊は、高松の奥座敷・塩江温泉郷でゆっくりと温泉に入り、英気を養いましょう。翌日も空港から10分以内の距離にあるゴルフ場でプレーを楽しめるプランです。


 「ことでん」の愛称で親しまれている高松琴平電気鉄道は、レトロな車両が走ることで有名です。お城や里山、田園風景をバックにゆる~く走る姿はなんとも味わい深いもの。特に大正時代の開業当初から走るレトロ車両が、月に一度だけ走る特別運行日は狙い目です。そんなレトロ電車をカメラに収めながら、のんびり途中下車の旅はいかが?  撮影ポイントの詳細地図などは、レトロ電車運航日に1日フリーきっぷ(1,200円)の購入でもらえることでん公式ガイドブック「レトロ電車&近代化産業遺産」を参照。 【問い合わせ】ことでん鉄道事業本部 運輸サービス部 電話/087-863-7300(平日9~17時)


空を飛ぶ乗り物には夢がいっぱい。このコースでは、離着陸する飛行機を間近に観察したり、ライト兄弟よりも早く飛行原理を発明していたという香川県ゆかりの偉人・二宮忠八の記念館を訪れて、飛行機の魅力を堪能します。飛行機にまつわるミニ知識も習得できるので、自由研究のテーマにもおすすめ。子どもからお父さんまで、飛行機好きならぜひ一度は訪れたいちょっぴりマニアックな日帰りプランです。


男木島は、高松港からフェリー「めおん」にゆられて40分の島。斜面には、集落の石垣が階段状につき、瀬戸内の小島らしい光景です。島の北側には、日本の灯台50選の一つ・男木島灯台があり、2月には甘い香り漂うかれんな水仙も満開に。瀬戸内国際芸術祭で生み出されたアート作品も多く点在し、迷うのも楽しい島です。


香川県は石材の産地として有名です。墓石や石碑に適した最高級石材は発達した海運ルートで全国各地に運ばれ、重要建築物の建材として重宝されてきました。高松市周辺に産地を訪ね、名石の魅力に迫ります。


予定のフライトまで2時間、空港でひたすら待つなんてもったいない!遠出はできないけれど有意義に使いたい!最後の最後まで香川を堪能しちゃいましょう。

コース内のおすすめスポット

もり家仏生山温泉谷岡食堂


高松市仏生山(ぶっしょうざん)町は、江戸時代の商家や町家が点在する門前町。歴史や文化、伝統に触れながら、仏生山名物“たんきり飴”を作る工房を見学・体験。グッドデザイン賞を受賞した「仏生山温泉」で癒やされた後は、大衆劇場へ。ノスタルジーを感じる一日を過ごしてみませんか。


週末は日帰りで高松市周辺の3カ寺をめぐる「ドライブ遍路」がおすすめ。景勝地の屋島では瀬戸内海や源平ゆかりの史跡を俯瞰で見たり、食事やショッピングでも厳選スポットをチョイス。日常とは違う時間の流れを味わって。ゆったりスケジュールで観光しながら気負わず回れるビギナー向けの遍路コースです。


うどん県民にとっては当たり前、でも県外の人にとっては斬新なセルフ方式のうどん。うどん玉を「テボ」に入れ自分で温めたり、だしを注いだりと、セルフらしさを楽しめる店を求めて香川を横断します。高松から車で日帰りできる範囲で、観光もできちゃうコース。セルフ方式をマスターして、あなたもうどん県民に!

コース内のおすすめスポット

中西うどん紫雲出山展望台にしばた製麺