グルメうどん

カテゴリ
距離
95件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

さぬき麺業 本店

さぬきめんぎょうほんてん

営業時間 10:00~21:00

手打ちの味を受け継いだ老舗の味。麺業三代90年の味をじっくり堪能しよう。


松下製麺所

まつしたせいめんじょ

営業時間 7:00~15:00頃(麺終了次第)

カウンターのある店内の壁の隣が、倉庫を改造した立ち食いスペース。製麺所タイプの店なので玉数を申告してうどんを受け取ったら、天カスやネギで自分流にアレンジしよう。


仁鶴

にかく

営業時間 9:00~20:00

20歳で先代から店を継いで20数年という大将がつくるうどんは、県外客が多いというのも納得だ。


田村神社 日曜市

たむらじんじゃにちよういち

営業時間 6:00頃~13:00頃(麺終了次第)

田村神社の日曜市でのみ営業。入り口で食券を買い、うどんの受取はコーナーを曲がった所だ。好評のばら寿司は、開店してまもなく売りきれてしまうほど人気。


宮武製麺所

みやたけせいめんじょ

営業時間 10:30~14:00頃(麺終了次第)

昭和32年創業で、建物は昭和初期のもの。懐かしいレトロな雰囲気も魅力のセルフうどん店。うどんも昔ながらの変わらぬ味。


さぬき麺業 松並店

さぬきめんぎょうまつなみてん

営業時間 9:00~20:00

手打ちの味を受け継いだ老舗の味。麺業三代90年の味をじっくり堪能しよう。※バリアフリーのトイレ有


天狗

てんぐ

営業時間 9:00~18:00

停めやすくて広い駐車場に加えて、味とサービスと値段で女性客や家族連れに人気のお店。特に肉うどんはボリュームたっぷりで男性客にも大好評だとか。※バリアフリーのトイレ有


わら家

わらや

営業時間 10:00~18:30LO (土日祝9:00~、12月~2月18:00LO)

秘伝のダシで食べる恍惚の釜揚げうどんが有名。明治時代の民家を復元した建物で、ロケーションも抜群だ。名物たらいに入った家族うどんがおすすめ。


こころ

こころ

営業時間 11:00~14:30、17:00~23:00

昔ながらの製法で“踏んでは寝かす”を繰り返したうどんは、天然塩を使用し、ミネラル分が豊富。昼はセルフ店、夜は一般店として営業。夜は“骨付鳥”やアルコール、おつまみも充実。


さか枝

さかえだ

営業時間 5:30~15:00(麺終了次第)

県庁裏の超人気セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類が壮観だ。


めりけんや 高松駅前店

めりけんや たかまつえきまえてん

営業時間 7:00~20:00

帰省客や出張帰りにオススメなのが、JR高松駅前のこちら。お土産うどんでも定評がある太めの麺は、モチモチした弾力の中にコシがあり、みるからにツルツルだ。


花のれん

はなのれん

営業時間 11:00~15:30

ことでん瓦町駅前にあるハーフセルフの店。旬の素材を使った自家製天ぷらのトッピングが豊富。濃いめのタレをぶっかけた「肉ぶっかけ」もオススメ。


うどん棒 本店

うどんぼうほんてん

営業時間 11:00~15:30LO 17:00~20:30LO

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここのぶっかけうどんは他では見られないスタイル。これに天ぷらがのったひも天もぜひ。座敷席もあります。


久保

くぼ

営業時間 10:00~15:00

無添加、手打ち、足踏みと機械を使わない、昔ながらの製法にこだわる素朴な味が自慢。何度も折れ畳まれて幾重に層が重なった麺は表面が程よくねじれて、ダシがよく絡む。


うどんの田

うどんのでん

営業時間 10:00~14:00(麺終了次第)、(土曜6:00~14:00)

「うどんとだし」そのどちらにも店主のおいしさへの追及がこめられている。3種類の粉や山水を用いていることもうまさの秘訣です。ダントツ人気は角煮うどん。


もり家

もりや

営業時間 10:30~20:00

「冷」はもちろん「温」でもしっかりとした歯ごたえ。充分に足踏み・熟成を繰り返すご主人の丹念な仕事ぶりが、麺のコシの強さに現れている。


竜雲

りゅううん

営業時間 平 日11:00~15:00(14:30LO)土日祝10:30~15:00(14:30LO)

法然寺の境内に店を構え、地域の人に愛されている『竜雲』。透明感となめらかさが特徴の麺を濃厚なダシでいただく“つけうどん”は“あとめし”でダシの旨みもしっかり味わいたい一品。※バリアフリーのトイレ有


おおしまうどん

おおしまうどん

営業時間 6:00~15:30

常に出来たてを食べられる製麺所ならではの店。おすすめはダシにこだわった絶品のかけうどん。外国産・国内産をミックスした“大島特製うどん”もぜひ。


郷屋敷

ごうやしき

営業時間 11:00~14:30LO、17:30~20:30LO(土日祝11:00~20:30LO)

庭園のある純日本式の屋敷は、うどん屋というより“うどん料亭”。でも予約なしで気軽に入れます。和里子(わりご)うどんセットが人気。


ぶっかけうどん 大円

ぶっかけうどんだいえん

営業時間 11:00~17:00

ぶっかけうどんメニューがこれだけ揃っているのは県下でもここだけ。5000円で5500円分使えるプリペイドカードもある。えりまきカレーうどんもぜひ。


一福 まちなか店

いっぷく まちなかてん

営業時間 10:00~15:00

人気の国分寺の一福が街中にオープン。商店街で一福ののどごしのいい細麺が食べられる!


めんや 七福

めんやしちふく

営業時間 10:00~14:30(麺終了次第)

やや細目でコシの強い麺はどっしりと力強く、その表面はツヤツヤで滑らか。おすすめは牛と豚が選べるあっさり味の“肉ぶっかけ”。両方入った豪華版の“えびすぶっかけ”も人気だ。


綿谷 高松店

わたやたかまつてん

営業時間 8:30~14:15LO

丸亀の人気店「綿谷」の高松店。3種類の小麦をブレンドしたのびやかな麺、伊吹島のイリコに北海道産の昆布、椎茸、鰹など贅沢な素材を使ったダシは、飽きのこない味わい。 ※バリアフリーのトイレ有


北古馬場ごえもん

きたふるばばごえもん

営業時間 20:00~翌3:00

夜のうどん店。ゆったりとした空間で食べられるうどんのメニューは約40種類あり、どれも食べたくなってしまう。一番人気はやっぱりカレーうどんです。


ぼっこ屋 川東店

ぼっこやかわひがしてん

営業時間 10:00~16:00

「地域密着を目指したい」という店長の言葉どおり、もっちり優しい味わいの麺と、素材の風味を大切に作られたダシは、老若男女に愛される味。


うどん処 しんせい

うどんどころしんせい

営業時間 8:30~15:30

人気上昇中セルフ。屋島や五剣山を一望できる店内で食べることができる。肉ぶっかけが絶品と評判。瀬戸内海で獲れたたこの天ぷらもおすすめ。


池上製麺所

いけがみせいめんじょ

営業時間 10:00~14:30

“るみばあちゃん”でおなじみ。知名度バツグンのうどん店。メニューは“しょうゆうどん”と“釜たま”“かけ”など。のどかなロケーションも魅力だ。※バリアフリーのトイレ有


キリン

きりん

営業時間 9:00~18:00

かわいいキリンのイラスト描かれた大型セルフ店。うどんからオプションまで、多彩でリーズナブルな価格のメニューが人気だ。駐車場も大型なので、安心して食べに行けるぞ。


AZUMAYA

あずまや

営業時間 7:00~18:00

戦後直後に営業を始めた時代から愛され続ける老舗店。おすすめはうどんに“ローゼ”か“クリームぜんざい”が付くお得なセット。かに身が入ったホットドックも必食!


めりけんや サンポート店

めりけんやさんぽーとてん

営業時間 11:00~14:00

材料・技にこだわって、味よし、コシよし、ツヤよし、ハダよしのさぬきうどんの極みを追求した、うどんへのこだわりのある店だ。“肉釜玉うどん”は店長おすすめの一品。


都由

つゆ

営業時間 11:30~14:00 17:00~19:00(夜営業は火・土・日曜のみ)

夏期限定の抹茶入り宇治しぐれ(ざるうどん)が人気。素材を厳選した贅沢なうどんが味わえる。


はなまるうどん 田町店

はなまるうどんたまちてん

営業時間 10:00~21:00

帰宅途中の高校生、サラリーマンなどに人気のセルフ店。お座敷、ベンチシートなどもあり、落ち着けるお店です。


三福

みふく

営業時間 月~土曜10:00~18:30、日曜10:00~13:30

食い倒れの街・大阪で修業した大将。親子丼(650円)など丼モノも充実。200円引きで5/8サイズのミニ丼もあり、うどんとセットで楽しめる。


こんぴらうどん

こんぴらうどん

営業時間 18:00~翌2:30

名物の細切り麺は、通常のうどんの4分の1くらいの太さで“エッジ”が立ってコシがある逸品。飲んだ後でもスルッと入る。しゃぶしゃぶ肉うどんも人気。


讃岐のこころ

さぬきのこころ

営業時間 18:00~23:00頃(麺終了次第)

中野町『こころ』の支店。本店と同じく足踏みと熟成を繰り返し、4日間かけて仕上げる麺が味わえる。おすすめは『氷釜上』。深いコクのある釜玉カレーうどんも人気だ。


さぬき麺業 空港店

さぬきめんぎょうくうこうてい

営業時間 7:00~19:30

場所柄、観光客に喜ばれるのは香川独特の生醤油うどん。地元の人には、ざるぶっかけ、冬場は釜あげうどんが人気だ。搭乗する前にぜひ寄りたい。※バリアフリーのトイレ有


のぶや

のぶや

営業時間 11:00~15:00(麺終了次第)

高松近辺ではお目にかかれない極太で強烈なコシとモチモチで滑らかな食感を兼ね備えた麺を味わおう!


わらく

わらく

営業時間 10:30~16:00

うどんを“笑って喰う”『わらく』。昔ながらのもちもちした讃岐うどんが特徴的で、かつおだしとも相性抜群。揚げたてのとり天もオススメ。


かすが町市場

かすがまちいちば

営業時間 9:00~18:00

広い店内と駐車場は県下最大級。かけ一杯180円からの安くて旨いうどんでお昼時には大行列!秋から春までの期間限定しっぽくうどんを待ち侘びるファンも多い。 ※バリアフリーのトイレ有


三徳

さんとく

営業時間 11:00~16:00

定番はもちろん“肉ぶっかけ”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩などは常に最良の厳選素材を使っている。


うどん田中

うどんたなか

営業時間 10:30~17:00(麺終了次第)

地下207mの岩盤深層水に県産[さぬきの夢]と小麦胚芽をブレンドし、風味をプラスした“夢のかたち黒麺”(商標登録)は高松随一のボリュームだ。ミニサイズもある。


麺八

めんはち

営業時間 7:00~15:00

朝早く7時からやっているお店。関西修行を経験した店主の作る「麺八カレーうどん」は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの1品だ。


宝山亭

ほうざんてい

営業時間 11:00~19:00

話題のおばけうどんは、うどんが見えないほどのアゲ(甘辛く煮てある)にちょっとカラシが乗った人気メニュー。名物のどじょううどんにもトライしよう。


さぬきや

さぬきや

営業時間 10:30~15:00

高商の西側に店を構える「さぬきや」は、夏は“天ざる”、冬は“天かま”がお客さんに大好評。国産地鶏を使っているのに値段が手頃な“かもなんばん”も一度は試しみたいメニューだ。


シチフク

シチフク

営業時間 10:30~15:00(カレーうどんは~14:00)

セルフ店『めんや 七福』の2階にある、カレーうどん専門店。カレーは、甘さとピリ辛感が同居した少し大人の味だ。麺は注文が入るたびに、1階から茹でたてを運んで来ている。


さぬき麺之介

さぬきめんのすけ

営業時間 9:00~14:00 17:00~25:00(麺終了次第)

たぬき横丁の奥に佇む隠れ家的なお店。小麦の香りが強く感じられて、麺密度が高くガツンとコシの強いうどんが食べられる。店のスペースを拡張し、客席部分がかなり広くなったぞ。


はやし家製麺所

はやしやせいめんじょ

営業時間 10:00~14:45(14:30LO)

ハイセンスな店内で楽しめるのは、それに引けを取らない洗練されたうどん。モッチリ感が強い麺に、添加物を使用していない優しい味のダシ、そして新鮮な県産食材の数々を堪能しよう。


こだわり麺や 高松店

こだわりめんや たかまつてん

営業時間 6:30~15:00

中讃の人気店「麺や」から高松初出店となったのがこちら。県庁の目の前という立地もあって、お昼頃にはサラリーマンなどでかなりの賑わいを見せる。


植田うどん

うえたうどん

営業時間 9:38~15:20(麺終了次第、14:30以降要TEL)

「温玉肉ぶっかけ」は、職人が作ったうどんと牛肉&温泉玉子が濃厚に絡み合う人気メニューだ。


たも屋 女道場

たもやおんなどうじょう

営業時間 10:30~15:30

ここは人気うどん店『たも屋』が女性のうどん職人を育てようとオープンした店でスタッフのほとんどが女性。じっくりと修行をつんだスタッフが打つコシの強い女麺を味わおう。