塩江温泉郷

しおのえおんせんきょう

塩江温泉郷

塩江温泉郷

塩江温泉郷は約1,300年前の奈良時代に僧行基によって発見され、弘法大師空海が湯治の地として伝えたという由緒正しき温泉エリアの総称。県内最古の温泉郷で「高松の奥座敷」として親しまれている。この温泉郷のシンボルは、春には山を覆う見事な桜、夏には飛び交うホタルと清らかな川の流れ、秋の紅葉。大自然に包まれた歴史ある温泉郷には、それぞれに趣のある温泉旅館にホテル、美術館や物産センターなどが点在するほか、四季折々に、観光イベントが催されて、温泉と自然に触れ合える地です。清流の女王とも呼ばれる「あめご料理」(アマゴ)や、イノシシ料理も名物です。

所在地高松市塩江町
アクセス高松中央IC・脇町ICより車で35分程
営業時間
定休日
料金
駐車場
HP公式サイトURL
ここへ行くルートを検索

現在地から近いスポット情報開く