観光スポット

カテゴリ




119件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

かがわ物産館「栗林庵」

かがわぶっさんかん「りつりんあん」

四季折々の自然が美しい、由緒ある特別名勝栗林公園。 その東門横に、かがわ物産館「栗林庵」はあります。 香川県民なら誰もが知る定番商品から、隠れた逸品まで。 県外のお客様はもちろん、県内のお客様にも、今まで知らなかった香川の魅力を再発見していただけるような お店づくりを目指しております。 スタッフが日々アンテナを張って集めた県内の美味しい食べ物や素敵な工芸品を、ヒノキの香る落ち着いた趣の店内で、ごゆっくりとお楽しみ下さい。


高松市讃岐国分寺跡資料館

たかまつしさぬきこくぶんじあとしりょうかん

特別史跡讃岐国分寺跡保存整備事業の一環として平成5年に開館した資料館です。史跡指定地の東50mの場所に建設され、特別史跡讃岐国分寺跡を保護し歴史的意義を説明するため、発掘調査で出土した瓦・土器・金属器などを展示し、教育普及活動などを行っています。


あじ竜王山公園

あじりゅうおうざんこうえん

平成18年から整備を進めていた「あじ竜王山公園」が平成28年4月20日にオープンしました。 あじ竜王山公園は、「瀬戸の風景を体感できる公園」「自然とふれあえる公園」「アートと遊べる公園」 をコンセプトに、瀬戸内国際芸術祭のアート作品ともなる展望台や、瀬戸の風景に溶け込んだ様々な彫刻作品、 美しい自然に囲まれた合併記念広場などを整備しております。 ぜひお越しください。


一宮寺

いちのみやじ

四国霊場八十八ヶ所・第83番札所。義淵僧上によって創建され、その頃は大宝寺と号して法相宗に属していました。諸国に一宮が建てられたとき、行基によって堂塔を修復、田村神社が讃岐一の宮として建立され、一宮寺と改められます。のちの大同年間に弘法大師が逗留し、聖観世音菩薩を本尊とし宗派が真言宗に改められました。


活き活き日曜市

いきいきにちよういち

活魚と鮮魚の市。季節の魚を使った揚げたての天ぷらや、タコ飯はいつも大好評。販売時間が短いが大勢の買い物客でごったがえしている。活魚は、ハマチ、タイ、平目、車えび、カレイ、ワタリガニ、イカナゴ、タイラギ、イカ、貝柱、アワビ、サザエ、タコ、イイダコ、エビ、チリメン、イリコ、ナマコなど多種多様。


高松市鬼ヶ島おにの館

たかまつしおにがしまおにのやかた

鬼の洞窟がある女木島の人気スポット。鬼に関する資料を展示している「鬼の間」がある。 また、例年11月頃には、特産品等を展示即売する「鬼の市」を開催。


香川県立体育館(H26.9.30閉館)

かがわけんりつたいいくかん

丹下健三都市・建築設計研究所による設計。海上交通が盛んだった瀬戸内海にちなんだ和船をモチーフにした大屋根が特徴的な建築。 ※香川県立体育館は平成26年9月30日をもって閉館いたしました。


公渕森林公園

きんぶちしんりんこうえん

芝生広場、森林学習展示館、キャンプ場、チビッコ広場やアスレチックコースなど、青少年の自然教育の場として、またレクリエーションを楽しめる里山の”水と緑と花の公園”。春は5,000本の桜のお花見、秋は紅葉や菊花展でにぎわう。アジサイ園、シャクヤク園、ボタン園ほか湿性草地や広葉樹の森など四季折々の自然に溢れている。


JA香川県 グリーンピア岡本

じぇいえーかがわけん ぐりーんぴあおかもと

新鮮な野菜、季節の果物、花、盆栽などを提供。季節限定で小豆島産のオリーブ製品(オリーブの塩漬けやオイル)やとれたての黄桃が出ることもある。


奥の湯温泉

おくのゆおんせん

奥の湯温泉は平成29年2月28日をもって営業を終了いたしました。