観光スポット

カテゴリ




119件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

高松市美術館

たかまつしびじゅつかん

高松市美術館は、商店街に隣接する都市型美術館です。作品収集は「戦後の日本の現代美術」「香川の美術(漆芸・金工」「20世紀の世界の美術」を3本柱に、1000点を超えるコレクションが揃っており、高松の芸術文化の発信基地としての役割を果たしています。 映画「百年の時計」のロケ地にもなりました。


玉藻防波堤

たまもぼうはてい

延長540mをボードウォーク・御影石仕上げの遊歩道に整備し、手すりや夜間照明も設置されている。高松港に入出港するたくさんのフェリーを間近に見ることができ、釣りやウォーキングを楽しむ人も多い。先端には世界初のガラスでできた赤燈台「せとしるべ」がある。


国分寺町冬のまつり(高松市)

こくぶんじちょうふゆのまつり

「子どもたちに本物の雪で雪遊びを!」との思いで始まった、地域住民手作りのまつり。本物の雪を使っての雪遊び&ソリ遊びやリーグ戦の本格的な雪合戦大会のほか、各種バザー、子ども太鼓・ダンスなどのステージイベントや自衛隊の展示もある。体育館での屋内イベントでは、凧を作って実際にあげたり、竹工作、お手玉おはじきなどの昔遊び体験が楽しめる。


香川県県庁舎

かがわけんけんちょうしゃ

映画「県庁の星」のロケに使われた21階展望室からは、瀬戸内海・屋島・小豆島・峰山・高松市内を360度一望出来ます。一般利用できる喫茶店もあり、くつろぐことができます。 映画「百年の時計」のロケ地にもなりました。


レクザムホール

れくざむほーる

1988年に本館・大ホール棟(2001席)を中心とした本格的な芸術文化ホールとしてオープン。1997年に小ホール棟(807席)ほか北館もオープンし、大小2つのホールと各種練習室、会議室を備えた県内舞台芸術の拠点施設として、県民はもとより国内外の舞台芸術の公演をはじめ、全国規模の学会、各種会議等に幅広く利用されている。


純愛の聖地庵治・観光交流館

じゅんあいのせいちあじかんこうこうりゅうかん

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に登場したロケセット、「雨平写真館」が復元されています。 写真館内では、カフェ「寫眞館の珈琲」を営業しています。 併設の展示棟では、物販コーナーだけでなく、個展やワークショップ、その他イベントも随時開催しています。


観光物産センターしおのえ

かんこうぶっさんせんたーしおのえ

道の駅「しおのえ」に併設の産直・物産センター。塩江のきれいで冷たい水で育てる高地栽培農法で、新鮮農作物を産地直売。取れたて野菜、花木(菊、榊、しきび)など。ふじかわ牧場のソフトクリームも人気。


さぬきこどもの国

さぬきこどものくに

「さぬきこどもの国」は、さまざまな体験型の遊びを通じて創造性や科学に親しむ心を養う大型児童館。美術・科学・音楽・コンピューターの4つの工房、スペースシアター、サイクルスポーツ施設にアスレチックと設備も幅広く、一日中楽しめます。高松空港に隣接するので、大空に飛び立つジェット機を間近に見ることができる。様々な体験型の遊びを通して子供たちの心と身体の成長をサポートする大型児童館。


しおのえふじかわ牧場

しおのえふじかわぼくじょう

たくさんの自然に囲まれた内場ダムの南縁「ふじかわ牧場」、ここに来れば動物たちとのふれあいも存分に楽しむ事ができます。そして、なんといっても「ソフトクリーム」。おいしい水を飲んで育った牛のミルクから作られたソフトクリームは絶品です。また、大自然の中で、ピザ体験・バター作り・モッツァレラチーズ作り・アイスクリーム作りなどの体験も出来ます。


ジョージ ナカシマ記念館

じょーじ なかしまきねんかん

木と対話しながら家具づくりを行ったジョージ ナカシマ。彼の作品に囲まれていると、まるで森の中にいるような心地さえしてくる。その生き方や哲学を伝えたいと、1964年以来、世界で唯一ナカシマがその技術を認め、ともに家具製作をしてきた桜製作所が記念館を設立。ここには、建築家時代の仕事という貴重な初期の椅子をはじめ、ナカシマの仕事場で使われている机など約60点の作品がある。アメリカ、ニューホープの工房以外では、ジョージ ナカシマの作品を堪能できる世界で無二の場所。