観光スポット

カテゴリ




119件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

里ちゃん市場

さとちゃんいちば

高冷地野菜、農家の手作り品(漬物、梅干、みそ、コンニャク、ゆず酢)など、香川・徳島産の商品を取りそろえている。焼きたてのパンや山からの冷たい水でできた塩江米など、おすすめ品があります!


鬼ヶ島大洞窟

おにがしまだいどうくつ

桃太郎伝説で有名な洞窟です。大正3年、香川県鬼無町の郷土史家、橋本仙太郎氏が発見し、10数年後の昭和6年に鬼ヶ島として公開された。洞窟が造られたのは、紀元前100年頃と言われている。


香川県立体育館(H26.9.30閉館)

かがわけんりつたいいくかん

丹下健三都市・建築設計研究所による設計。海上交通が盛んだった瀬戸内海にちなんだ和船をモチーフにした大屋根が特徴的な建築。 ※香川県立体育館は平成26年9月30日をもって閉館いたしました。


JA香川県 いきいき産直 十河店

じぇいえーかがわけん いきいきさんちょく そがわてん

野菜、切花、花木、果物、おそうざい、パン、手づくり品、つけもの他


JA香川県 国分寺ふれあい産直市

じぇいえーかがわけん こくぶんじふれあいさんちょくいち

季節の野菜、果物、花、卵、手づくり加工品など。シイタケは原木栽培と菌床栽培のものを販売。「盆栽の町」ならではの盆栽や苗木はお手頃価格。お寿司やお弁当もある。


四国村(四国民家博物館)

しこくむら(しこくみんかはくぶつかん)

1976年にオープンした「四国村」(四国民家博物館)は、源平合戦の地として名高い香川県高松市屋島の麓で、約5万㎡の敷地に四国地方を中心とする伝統的な古民家や歴史的建造物33棟を移築復原している野外博物館。その中には旧河野家住宅や砂糖しめ小屋など、国指定重要文化財も含まれています。四季折々の花々や自然に囲まれた施設で、古建築と合わせて多くの民具も展示することで昔の暮らしに思いを巡らせ、先人たちの知恵や工夫に触れることができます。さらに、二十四節気のある生活の中で育まれた節句飾りや正月飾りなどの風習や文化の紹介もしています。また、建築家安藤忠雄氏設計により2002年に建てられた「四国村ギャラリー」にはピカソやルノワールなどの絵画や彫刻、オリエントの美術品などを展示しています。村の入口には、茅葺きの古民家で味わう讃岐うどんの有名店「ざいごうどん本家 わら家」や、神戸北野から移築した「ティールーム 異人館」も併設しています。


新屋島水族館

しんやしますいぞくかん

標高290mの屋島の山上に位置する全国でも珍しい水族館。大小約80の水槽に熱帯から冷水系まで150種1500匹の魚類、水生哺乳類、両生類等を展示しています。前脚が器用なアザラシの変身や、イルカとスタッフで行う劇仕立てのイルカライブ(土日祝のみ)、全面透明なアクリルで作られた「透明ボード」に乗ってイルカに触ったりエサやりができる(1回一人500円・土日祝のみ)など、家族や仲間で楽しめるスポットです。


瀬戸内海歴史民俗資料館

せとないかいれきしみんぞくしりょうかん

瀬戸内地方11府県全域を対象とした研究や調査を行っている。漁用具の数々や船大工用具、灯台などを展示しており、国重要有形民俗文化財指定を受けている。中世の古城を思わせる資料館建物は「日本建築学会賞」受賞のほか「公共建築百選」に選ばれている。


高松市美術館

たかまつしびじゅつかん

高松市美術館は、商店街に隣接する都市型美術館です。作品収集は「戦後の日本の現代美術」「香川の美術(漆芸・金工」「20世紀の世界の美術」を3本柱に、1000点を超えるコレクションが揃っており、高松の芸術文化の発信基地としての役割を果たしています。 映画「百年の時計」のロケ地にもなりました。


大滝大川県立自然公園

おおたきだいせんけんりつしぜんこうえん

香川県初めての県立自然公園として登録された。多くの昆虫や野鳥が生息する広大なネイチャーワールド。