観光スポット

カテゴリ




119件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

春日水神市場

かすがすいじんいちば

自然派の野菜にこだわり、野菜のレストラン、野菜のお惣菜など、他ではあまり置いていない加工食品などを取りそろえている。野菜のジェラートやスイーツ、市場直送の鮮魚が好評。併設しているレストランでは、店内で提供している有機野菜をたっぷり使ったメニューを用意している。


JA香川の店

じぇいえーかがわのみせ

高松空港近くの産直市場。四季折々の農産物(野菜、果物、生花)をたくさん取りそろえている。手作りのたくあんや漬物も好評。


奥の湯温泉

おくのゆおんせん

奥の湯温泉は平成29年2月28日をもって営業を終了いたしました。


しおのえふじかわ牧場

しおのえふじかわぼくじょう

たくさんの自然に囲まれた内場ダムの南縁「ふじかわ牧場」、ここに来れば動物たちとのふれあいも存分に楽しむ事ができます。そして、なんといっても「ソフトクリーム」。おいしい水を飲んで育った牛のミルクから作られたソフトクリームは絶品です。また、大自然の中で、ピザ体験・バター作り・モッツァレラチーズ作り・アイスクリーム作りなどの体験も出来ます。


屋島寺

やしまじ

四国霊場八十八ヶ所・第84番札所。もとは天平勝宝5年に鑑真和上が唐から難波に向かう途中屋島を訪れ、屋島北嶺にお堂を建てたのがはじまりで、四国霊場唯一鑑真和上が開基したお寺として有名です。のちの弘仁6年に弘法大師が嵯峨天皇の勅願により北嶺にあった伽藍を南嶺に移し、十一面千手観音坐像を刻んで本尊とし、第84番の霊場に定められました。


八栗寺

やくりじ

四国霊場八十八ヶ所・第85番札所。天長6年に弘法大師が入唐前、この地に堂宇を建て自刻の聖観音像を本尊として安置したのが始まりと言われています。弘法大師が唐への旅の無事を祈願して8個の焼栗を境内に埋めておいたところ、帰国してみると焼栗は8つとも見事に芽を吹いていたことから八栗寺と呼ばれるようになりました。


高松市石の民俗資料館

たかまつしいしのみんぞくしりょうかん

八栗寺の近く世界的銘石「庵治石」の産地にあり、太古から続く石の文化と歴史、石工の技を紹介し、資料館前の公園には、石の芸術が点在しています。石と人間の係わりを歴史的に紹介し、昭和初期の庵治石の作業風景や石工用具を常設展示しています。周辺には源平合戦の史跡も点在しています。また、各種工作教室を実施しています。詳細は高松市石の民俗資料館にお尋ねください。


JA香川県 中央ふれあい市場 木太店

じぇいえーかがわけん ちゅうおうふれあいいちば きたてん

野菜類、果実、切り花及び鉢物。卵や精肉、魚介類も販売。惣菜やバラ寿司などもご用意。


道の駅「香南楽湯」

みちのえきこうなんらくゆ

【香南楽湯浴場施設は、改修工事のため、令和元年6月1日から約半年間休業します。1階レストラン・売店は引き続き御利用いただけます。】 温かい檜造りの「木の風呂」と御影石・庵治石の「石の風呂」の天然温泉があるユニークな道の駅。館内には、おみやげショップの他に、レストラン、軽食コーナー、ボディケアがあり、産直市「香南朝市」も併設。名産品コーナーでは香川県全域の名産品を多数取り揃えている。とくに、大きな製麺所(石丸うどん本社工場)が地元にあるので、うどん製品は充実している。


屋島山上 談古嶺

やしまさんじょう・だんこれい

屋島合戦の舞台が眼下に一望できる。ドライブウェイは12月31日から1月1日は夜間通行可で、新年は談古嶺から海のロマンに思いはせながら初日の出を望める。ことでん屋島駅から車で約10分。