観光スポット

カテゴリ




119件ありました
あいうえお 昇順 降順
表示件数 10件20件50件

春日水神市場

かすがすいじんいちば

自然派の野菜にこだわり、野菜のレストラン、野菜のお惣菜など、他ではあまり置いていない加工食品などを取りそろえている。野菜のジェラートやスイーツ、市場直送の鮮魚が好評。併設しているレストランでは、店内で提供している有機野菜をたっぷり使ったメニューを用意している。


鬼無植木盆栽センター

きなしうえきぼんさいせんたー

全国一の盆栽生産地で有名な鬼無。鬼無の盆栽は、鬼無植木盆栽センターで毎月3回おこなわれる市場開催のほか、玉藻公園植木市、栗林公園での盆栽フェアなどでお求めいただけます。愛樹の診察、栽培に関する無料相談も市場開催日に受け付けています。


さぬき空港公園

さぬきくうこうこうえん

高松空港を囲む当公園は、ポートヒルゾーン、カントリーゾーン、スカイゾーン、アドベンチャーゾーンという4つのゾーンで構成された公園です。広大な芝生広場ではスポーツやレクリエーションが楽しめ、春には桜が満開となり、秋は木の実に紅葉と、四季折々の豊かな表情を見せてくれます。 飛行機の離発着が間近で見られるアドベンチャーゾーンや、記念広場にある雲の形の大きな洞窟『雲のオブジェ』や、ちびっこ広場の遊具、有料施設のグラススキー場は、一年を通じて楽しめ大人にも子供にも人気です。季節に合わせてイベントも開催しています。


高松空港にあるイサム・ノグチの遺作。少し離れた北側にある丘の壁面石組と一体として制作された作品。


道の駅「しおのえ」

みちのえきしおのえ

香東川上流の川沿いに位置し、塩江温泉郷の目印になっている。「観光物産センターしおのえ」が隣接していて、塩江の特産品が購入できる。


屋島山上 談古嶺

やしまさんじょう・だんこれい

屋島合戦の舞台が眼下に一望できる。ドライブウェイは12月31日から1月1日は夜間通行可で、新年は談古嶺から海のロマンに思いはせながら初日の出を望める。ことでん屋島駅から車で約10分。


鮎滝カントリークラブ

あゆたきかんとりーくらぶ

山の中の丘陵コース。孟宗竹の原生を残したホールなどがある。高松空港から車で約5分。男子プロトーナメント、女子プロのステップアップツアーの開催経験がある。付近には塩江温泉郷がある。


スカイファーム

すかいふぁーむ

「空中栽培で育てているため「スカイファーム」という名前がついた農園。有機培土と安全な電解水、農薬使用を控えて栽培されたイチゴ狩りを楽します(3月~5月)また、自家製イチゴのスイーツ、ソフトクリーム・クレープなどが年間を通して楽しめます。」


さぬき七福神

さぬきしちふくじん

「観光と信仰」をテーマとし、白鳥神社、與田寺、法然寺、田村神社、香西寺、国分寺、滝野宮天満宮の由緒ある七つの神社仏閣が手を結んで開創した。七福神まいり記念品、七福神得得カード、各寺社をめぐって集めるさぬき七福神・福飾りなどの限定授与品がある。


商工奨励館(栗林公園内)

しょうこうしょうれいかん

明治32年に建築された栗林公園商工奨励館は、耐震補強とバリアフリー化の改修工事を終え、平成27年8月1日にリニューアルオープンしました。外観は明治時代に建てられた趣をそのまま残しつつ、内装を一新しました。 本館1階には公園の見どころや歴史などを映像やパネルで紹介するガイダンス機能を持たせ、本館2階には、20世紀を代表する世界的家具デザイナー、ジョージ・ナカシマのテーブルや椅子を展示するとともに、来園した方が南側ベランダから借景の紫雲山や箱松など美しい南庭を望むことができます。 東館には、伝統的工芸品の展示・実演コーナーを設けるとともに、西館には、讃岐三畜や瀬戸内海産の魚介、旬のフルーツ、希少糖など県産食材にこだわったイタリアンカフェ「ガーデンカフェ栗林」が新たにオープンしました。 さらに、北館は、飲食を伴うイベントやレセプション会場としても利用が可能なホールに改装し、結婚披露宴やパーティなど多様な活用ができるようにしています。北側のガラス戸を開放すると、隣接する芝生広場と連結して、ガーデンパーティなども楽しめるようになっています。